姉妹の家庭はどうする?「次女の雛人形」は買うべき?

次女の雛人形
次女の雛人形はどうする?

姉妹の家庭は雛人形はどうするもの?

家には長女の雛人形がもうあるから、次女の雛人形はどうしよう・・?と悩まれる方は多いです。

マンション住まいなどスペースが限られたりすると、長女の雛人形だけでいいかと思う方も。

姉妹の家庭の場合、次女にもきちんと雛人形を買ってあげるべきでしょうか?

次女の雛人形、どうする?

多くの場合、姉妹の家庭であっても次女の雛人形は買ってあげたほうがいいと言われます。

その理由は、雛人形には「女の子にふりかかる災厄の身代わりになってくれる、守り神という意味・役割がある」とされているから。

だからお姉ちゃんの雛人形は、お姉ちゃんの守り神。

次女の守り神となってくれるものではないと言えるのです。

そのため雛人形は一人にひとつ買ってあげたいものと言われます。

たとえ小さな雛人形でも、その女の子の厄を背負ってくれるお守りとして飾ってあげたいですね。

お姉ちゃんだけと思うことも・・

自分の雛人形がなかったら、「お姉ちゃんだけずるい」と思うこともあります。

親から見ると大したことないことであっても、本人からすれば大きな差だったりします。

中には、後々まで「私には買ってもらえなかった・・」というマイナスの気持ちを抱いてしまう人もいるようです。

そうならないように、出来れば一人にひとつの雛人形を買ってあげたいですね。

雛人形をいくつも飾るスペースがないとき

次女にも雛人形を買ってあげたいけれど、雛人形を飾るスペースがないというとき。

マンションなど、飾るスペースが限られている住まいでは、いくつも飾るのが難しいですよね。

そんなときは小さめの親王飾りや立ち雛もおすすめ

かわいい木目込み人形にはコンパクトなものが多いので、次女や三女の雛人形としても人気です♩

飾る場所もないし・・と諦める前に、コンパクトな雛人形はどんなものがあるのか、いろんな雛人形を見てみるのもおすすめです。

当サイトでも、コンパクトでかわいい雛人形をたくさん紹介しています!

今では雛人形の種類はほんとうに豊富なので、コンパクトでもすっごくかわいくて、飾りたくなるものもたくさんありますよ♡

市松人形を贈る地域も

また地域によっては、次女には市松人形を贈るというところもあります。

市松人形は怖くて飾りたくないという方も多いですね。

でも意外と(!?)、かわいい市松人形もあるのをご存知ですか?

夜中に目があってもこわくない、むしろ飾りたくなる市松人形だって探せばあります!

市松人形はイヤ!と決めつけてしまう前に、どんな市松人形があるのか一度チェックするのもおすすめです♩

まとめ

雛人形はその女の子の守り神という意味を考えると、姉妹の家庭であっても次女にもできれば買ってあげたいもの。

今はお手頃価格の雛人形も多く、コンパクトなものも種類豊富なので、いろんな雛人形を見てから納得して決めたいですね♩

次女に雛人形を買ってあげる場合は、長女のものとはちょっと違った雛人形を選んでも良いですし、選ぶ時間も楽しみましょう♡

 
最後までお読みいただきありがとうございました。あなたが心ときめくお雛様に出会えますように・・・♡